楽して腸内環境を改善したいあなたのために

HOME » 腸内環境改善のための必須5大成分 » オリゴ糖

オリゴ糖

ここでは、腸内環境の改善に必要な成分のうち、オリゴ糖のはたらきについてまとめています。

ビフィズス菌の心強いパートナー

オリゴ糖は、食物繊維のようにそれ自体が何かはたらきをもっているわけでもなく、ビフィズス菌・乳酸菌のような細菌類でもありません。

ビフィズス菌などの乳酸菌はオリゴ糖をエサとして繁殖するため、オリゴ糖は「ビフィズス菌のエサ」として腸内環境改善に欠かせない成分なのです。

たとえば、便秘などで腸内環境が悪化するとビフィズス菌は自力で増殖することが難しくなるため、オリゴ糖の助けで菌を増やしていく必要があります。

胃酸や消化酵素にも強く、十二指腸などでも吸収されにくいため、腸内までもとの成分のまま届くことができるのもオリゴ糖の特徴。

そのため、少しの量でも十分にビフィズス菌の増殖効果が期待できます。いうならば、ポパイとホウレンソウの関係でしょうか。

効率よく摂取するには

乳酸菌はヨーグルトなどに含まれています。

ですが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、その多くが胃や十二指腸などでほとんどが死んでしまうため腸まで生きて届きません。

死んでしまっても乳酸菌に含まれる多糖類によって、免疫を活性化させるなどのはたらきをしてくれますが、ビフィズス菌を増やすはたらきは期待できないのです。

そこで、腸内環境をよりよくしたいのならオリゴ糖を入れる方法があります。

ヨーグルトにオリゴ糖や、オリゴ糖の粉末サプリメントなどを混ぜて口にすることで、乳酸菌とオリゴ糖が一緒に腸に到達。エサとなるオリゴ糖が届き、ビフィズス菌を効率よく増やすことができるのです。

まさに、ビフィズス菌とのよきパートナーといった関係でしょう。

 
体の中から美しく!腸内環境改善ガイド