楽して腸内環境を改善したいあなたのために

HOME » 腸内環境改善のための必須5大成分 » 乳酸菌

乳酸菌

乳酸菌の腸内環境改善の働きを解説します。

生きて腸に届かなくてもはたらく乳酸菌

ビフィズス菌が生きて腸内まで届かないとはたらきが期待できないのに対し、乳酸菌は胃酸で死んでしまってもからだに役立つ菌です。

菌に含まれる多糖類が、腸管の免疫細胞が集まる箇所を刺激して活性化させるので、乳酸菌自体が死んでも免疫を活性化させてくれるわけです。

死んでしまった乳酸菌そのものも腸内環境の改善に欠かせない善玉菌の栄養となるので、善玉菌を増やすはたらきがあります。必ずしも「生きて腸内に届く」必要のない、少し変わった菌といえるでしょう。

だからといって、生きた乳酸菌を腸に届ける意味がないかというと、そうではありません。

生きた菌は腸内環境を酸性にするため、酸に弱い悪玉菌を弱体化させることができます。腸内で善玉菌が増え、悪玉菌が減ることで腸内環境は大幅に改善されるはずです。

ただし、乳酸菌は腸内に留まってはたらき続けてはくれません。

基本的には排泄物と一緒に体外に出されるため、乳酸菌の効果を得たいのであれば常に摂取し続ける必要があります。

では、腸内の善玉菌をより効率よく増やしていくためにはどうすればよいのでしょうか。

その答えのひとつが、オリゴ糖です。

消化酵素や胃酸にも強いオリゴ糖は、腸内の善玉菌が大好きな栄養源。オリゴ糖をとれば、その分、それを養分に善玉菌も増えるわけです。

乳酸菌自体を摂取し続けるよりも、オリゴ糖を摂取して腸内にいる善玉菌を増やすほうがかしこい方法かもしれません。

 
体の中から美しく!腸内環境改善ガイド